カードローンの利息を抑えるために行うべきこと

カードローンの返済で負担となる利息は、業者との交渉によって引き下げてもらうことができます。
3%くらい下げてもらえば、明細書を見ても返済額が減っていることに気づくはずです。
交渉するタイミングは、契約から1年くらい経過してからです。
最低でも6ヶ月は経過していないと応じてくれないのが普通です。
交渉するためには、こちら側にも求められる条件があり、それはしっかりと遅延なく返済していることなのです。
1年間(12回)の返済のうち2回遅延しているようであれば、交渉しても応じてくれない可能性が高いです。
遅延すれば確実に信用を落としてしまうため、金融機関側も聞く耳を持ってくれなくなります。

信用度

信用度というのはローン契約時にすべて決まるものではなく、返済を続けることで確立されていく部分も大きいのです。
利息の引き下げ交渉については、応じてくれない可能性のほうが高いと思っていいでしょう。
利息を下げるということは、業者側にとっては利益が減るということなので、応じたくないのが現状なのです。
そのため、契約後に利息を引き下げるのではなく、契約時に前もって低金利で貸してくれる業者を探しておくことが大切なのです。
銀行や信用金庫のカードローンであれば、18%以下で融資してくれるはずです。
一般的に15%以下のところが多いため、通常の金融機関よりも金利は低くなっております。
利息を減らす方法には、一括返済の利用もあります。
これは文字どおり、ローンを1回払いで返済してしまうことです。
カードローンは日数によって利息が発生するので、返済日数が少なくなるほど利息も減るのです。
一括返済については、翌日の返済日に限定する必要はなく、1週間後や3日後、翌日でもいいのです。
借入日数が少なければ、利息の負担はほとんど感じないでしょう。
1ヶ月程度の借り入れならば、消費者金融、銀行、信用金庫など、金融機関にこだわる必要はないと言えます。

私は、一括返済をおすすめします

カードローンの一括返済はクレジットカードなどのそれとは異なります。
あくまで任意の返済であるため、通常の返済さえ行っていれば、あとは自分の好きなタイミングで行うことができるので、ボーナス払いよりも気楽なのは間違いありません。
ボーナスが手に入ると、返済に回すのはもったいないと感じる方も多いでしょう。
多くの方に共通することですが、借りるときは気楽でも、返済するときはもったいなく感じてしまうのです。
しかし、ここで可能なかぎり返済しておいたほうが、あとあと楽になり、結果としてプラスになるのは間違いありません。
特に借入額が大きな方は、余裕のあるときに追加で返済して残額を減らしてしまうことをおすすめします。
そのうえで、無用な借り入れをしないようにします。
「必要なもの」と「欲しいもの」は異なりますので、しっかりと区別して考えなければなりません。
必要なものにはお金をかけ、欲しいものは我慢することも必要となるでしょう。